上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.16 働いたら負け
数年前、ニート達が放った名言で「働いたら負けと思っている」というのがあった。
よく堂々とそんな事が言えるなと思っていたが、衝撃的なものをみてしまった。
「働いたら負け」は事実だった。

働いたら負けは事実
http://anond.hatelabo.jp/20091013025741

年収200万のアルバイト・年収300万の非正規雇用者、そして生活保護を受けている人とを比較している。
労働者は当然、税金を引かれる。
しかもかなりの額だ。

税金は所得税・地方税・健康保険・年金税・環境負担税。

これらを差し引いた手取りの年収は年収200万のアルバイトで85万円
年収300万の非正規雇用者で145万円
生活保護額の204万円は非課税なのでそのまま手取り204万円

おまけに母子家庭で子供2人いる場合は、母子加算で28万円(子供二人)。
子供手当(子供2人)で62.4万円。
全部で295万円だ。

やっぱり働いたら負けなのか?



こういう制度は弱者を助けるという名目で怠け者を量産している気がする。
母子家庭でも必死で働いている人もいる。
怠け者はいつか制裁を受けて、のたれ死ねばいい。
自業自得だ。

働かざる者食うべからず。

当たり前のことですね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://20041122.blog93.fc2.com/tb.php/19-32657762
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。